Skip to content
All posts

プロジェクト掲載申し込みフォームはこう書こう!

article_019_kv

Makuakeにプロジェクトを掲載するには、お申し込みフォームからの申請が必要です。
プロジェクト掲載お申し込みフォームはこちら

お申し込みフォームでは、氏名やメールアドレス等のご連絡に必要な情報のほか、「Makuakeにご相談いただいたきっかけ」や「プロジェクトの準備状況」等を入力していただきます。

中でも一番入力に時間がかかる項目は、「相談内容」です。この「相談内容」をもとに、プロジェクトが「Makuake基本方針」に沿っているか、また担当キュレーターは誰が適任かを一次確認しております。そのため、下記5項目についてできる限り詳しく、「最大1,000文字」でご入力いただいております。

1)プロジェクト内容【必須】
2)プロジェクトの目的【必須】
3)ご希望目標金額
4)リターン案
5)スケジュール【必須】

文字数1,000文字の制限の中で、どれくらいプロジェクトに関する情報を入力できるのでしょうか。架空の申込内容を作成し、文字数をカウントしてみました。下記のお申し込み内容で、およそ950文字となります。


◆プロジェクト内容【必須】
〇〇の専門メーカーが作る、ビジネスシーンにも使える〇〇の販売。
「〇〇」というこれまでにないコンセプトの新ブランド。ブランド名には「〇〇」という意味が込められており、〇〇が輝く社会を実現したいという私たちの熱い想いを表現しています。新ブランドの商品一作目として、〇〇を開発しました。

商品特徴
・〇〇機能搭載で、〇〇時の課題を解決(〇〇機能は特許あり。特許番号〇〇号)
・ビジネスシーンで快適に使えるよう、〇〇機能も搭載
・暴風・防水(試験エビデンス取得済み)。各所で止水ファスナーも使用
・〇〇に優れた〇〇の素材を使用
・もともと製造者自身に「従来の商品には〇〇機能がない。もし〇〇機能があれば、より便利に感じ使ってくれる人も増えるだろう」という想いがあり、それに共感した社内メンバーが集まりプロジェクト化し、商品開発にこぎつけた
・製造パートナーは〇〇株式会社。〇〇年に創業し、〇〇や〇〇等のアワードでも多くの受賞歴がある注目企業
・商品参考URL:https://www.makuake.co.jp/00000/

◆プロジェクトの目的【必須】
・ ToCのブランド認知拡大
・ サポーターの声を聞きながらの商品作り。シーンに合わせた適切なスペック量と、適正価格のバランスをヒアリングしながら企画を続けたい
・新しいブランドのPRと同時に先行販売を実施。プロジェクトのリターン発送が完了した◯月以降に一般販売を開始する予定

◆ご希望目標金額
表目標:〇〇万円
裏目標:〇〇万円
初日で〇〇万円の売上を目指す。広告予算は〇〇万円を用意。

◆リターン案
【超早割】〇〇円 (定価の15%OFF 消費税&送料込):1個 × 限定30着
【早割】〇〇円 (10%OFF):1着 × 限定50着
【マクアケ割】〇〇円 (7%OFF):1着  × 限定80着
【ペア超早割】〇〇×2= 〇〇円   (20%OFF):2着 × 限定20セット
【ペア早割】〇〇×2=〇〇円 (17%OFF):2着 × 限定30セット
【ファミリー割】〇〇円×4=〇〇円(30%OFF):4着 × 限定10セット
【グループ割】〇〇円×5=〇〇円(30%OFF):5着 × 限定10セット

◆スケジュール【必須】
準備開始:〇月ごろ~
掲載開始:〇月上旬
展示会参加:〇月
掲載終了:〇月末
配送開始:〇月末までに完了

いかがでしょうか。1,000文字の入力は必須ではありませんが、それを目安とすることで、かなり詳しくプロジェクト内容を検討し、整理することができます。お申し込みの段階でプロジェクト内容が整理されていると、その後の進行もよりスムーズになります。

しかし初めてプロジェクトを申し込む実行者にとっては、内容に困ることもあるでしょう。そこで、各5項目について入力内容のポイントを解説いたします。

 

1)プロジェクト内容【必須】

ここでは、プロジェクトを実施する商品・サービスの内容を入力いただきます。Makuakeは「アタラシイものや体験の応援購入サービス」です。そのため、掲載するプロジェクトには何らかの「アタラシイ」要素が必要です。商品の特徴として、「アタラシイ」要素を明記しましょう。

参考:Makuakeに掲載できる「アタラシイ」の基準って?

さらに、商品への想いや商品開発に至った経緯を加えると、Makuake基本方針のひとつである「実⾏者にとって『挑戦』や『ストーリー』があること」に沿ったプロジェクトであることを示すことができます。

Makuake基本方針はこちら

2)プロジェクトの目的【必須】

多くの人に宣伝したい、テストマーケティングをしたい、資金調達をしたい…等、プロジェクトの目的は実行者によって様々です。

しかしいずれにしても、Makuakeでのプロジェクト実施は事業成長におけるひとつの「通過点」です。解決したい課題やプロジェクト実施後の展開等、プロジェクトを通して長期的に実現したいことも入力しましょう。各実行者の事業フェーズや戦略に合わせて、Makuakeでのプロジェクト実施がその課題解決の一助となるよう、担当キュレーターが伴走いたします。

 

3)ご希望目標金額

目標金額には「表目標」と「裏目標」の2種類があり、それぞれ設定していただきます。

「表目標」とは、プロジェクトページに記載される目標金額です。この目標金額をもとに、ページ上に達成率が表示されます。あまりに高すぎる目標金額では、達成率が低く盛り上がりに欠けるプロジェクトと捉えられてしまい、サイト内を回遊しているサポーターからの応援購入金額が集まりづらくなるため、おすすめしておりません。基本的に達成可能な金額で設定いただいております。

一方「裏目標」とは、事業成長のために目指したい目標金額となります。こちらはページに表示されることはなく、担当キュレーターとの認識合わせのために設定するものになります。裏目標の達成を目指し、キュレーターとともに必要な広告配信やPR戦略を練っていきます。

なお目標金額は、お申し込み段階では入力必須ではありません。担当キュレーターとの打ち合わせを通して決定していく方針で構いませんが、だいたいの規模感はイメージしておくとよいでしょう。


4)リターン案

想定しているリターン内容をご記入ください。こちらの項目も担当キュレーターとの打ち合わせを通して決定していく方針で構いませんが、あらかじめ複数の案を用意しておくと進行がスムーズです。ひとつのプロジェクトで複数のリターンを設定することができるため、プロジェクト開始直後の売上を伸ばすために早割や超早割を設けたり、単価を上げるためにペア割やセット割を設けたりすることが多いです。

応援購入金額が集まりやすいリターン設計については、商品の特性に合わせてキュレーターからアドバイスすることが可能です。原価や利益を考慮した価格設定を行ったうえで、リターン内容や限定数量を設定しましょう。

 

5)スケジュール【必須】

プロジェクト開始希望日リターン発送予定日をご記入ください。展示会参加日や一般販売日など、プロジェクトの開始タイミングに影響がある日程についても記載いただくと、その日程に合わせてプロジェクトの計画を立てることができます。

なお、掲載お申し込みからプロジェクト掲載までは、ページ作成や審査等を含め準備で1.5か月〜2か月ほどかかることが多いです。プロジェクト開始希望日から逆算し、余裕をもったタイミングで申し込みましょう。
※ご希望のスケジュールに添えない可能性もございます。


プロジェクト掲載申し込みフォーム入力のポイントは以上になります。
プロジェクト実施のご準備ができている方は、ぜひ下記ボタンよりお申し込みをお願いいたします。

プロジェクト掲載を申し込む

※お申し込みフォームの「ご相談内容」欄に入力する内容は、入力途中に何らかのエラーによって消えることを防ぐため、別途テキストアプリ等にまとめておきフォーム上でコピー&ペーストすることをおすすめいたします。
※掲載申し込みはプロジェクト実施を確約するものではありません。